希望の幼稚園は入園し易い?難しい? 2017年度幼稚園の募集状況【麻生区・多摩市・稲城市の幼稚園】

はるひ野・若葉台の幼稚園特集

2017年度 幼稚園の入学願書配布が始まりましたね。

今年は各幼稚園、入園のし易さはどうなのでしょうか。

2、3年ほど前までは、「プレに入っていても落とされた」「願書は徹夜で並んだ」「面接で落とされた」など親達をナーバスにさせる状況も多く見聞きしましたが、近年は状況が変化してきているようです。

この夏、各幼稚園に取材に行ってみての感想は

「どの幼稚園も割と入園し易くなっている」

という印象でした。

やはり、プレには入っていた方が断然有利であることに変わりありません。

しかし、定員割れしているクラスもあったりと、現状は入園する子どもの数が減少傾向にあるようで、どの幼稚園も今までよりは入園し易くなっているようでした。

これまで、「途中入園は不可」と、強気な姿勢を見せていた幼稚園も、「年度途中でも是非来てください」とずいぶんと門度を開いた様子に変化していました。

なので、幼稚園側に選ばれる時代から、

「親と子どもの純粋な希望で幼稚園を選べるようになってきた」

と言えるのではないでしょうか。

ただし、毎年なぜか「人気が集中する幼稚園がある」というのも事実で、それが毎年変化するものだから、最後まで安心できないんですよね。

事前にアンケートを行った印象としては、はるひ野住民からはやはり「すみれ幼稚園」が人気で、

また、来年度から預かり保育が充実し、料金も見直される「錦秋幼稚園」や「諏訪幼稚園」も、働くお母様からの注目を集めています。

今年はどこに人気が集中するのでしょうか?

みなさんが希望する幼稚園に入園できますよう、陰ながら応援しています。