和光鶴川幼稚園ってどんな幼稚園?

800坪の広さを誇る畑と原っぱ、雑木林といった自然環境の中で、子ども達は「生きる・食べる・作る」という「いのちの循環を体験」します。土作りから始まる農体験の中で五感を存分に働かせ、自然と遊び、発見する喜びを通して感性を育てる。また、様々なジャンルの音楽や伝統芸能などプロの方を招いて開かれる朝の集会、のこぎりや金槌を使っての物作り、本格的な荒馬踊りや和太鼓といった「本物の文化に触れる体験」が数多くできるのも自慢です。「自分っていいな」って思えるよう、子どもの自信と自主性を高める教育に力を入れている幼稚園です。

保育サービス

【保育時間】
月8:30-11:20 火ー金8:30-14:50
【休園日】土日祝日
【預かり保育】あり
早朝8:00−8:40(月極のみ)
保育終了後-18:30(月極日極あり。料金欄参照)
【長期休み中の預かり保育】あり(詳細は要問合せ)
【通園バス】
あり
【預かり保育後のバス送迎】なし
【給食】
なし・火曜ー金曜 お弁当持参
週2回おにぎり弁当の日があり、園から手作りのお味噌汁が出る。
【未就園児クラス】
あり「はらっぱ」(週2回開催)※お試しもできます

どんなことをするの?

【食育】畑作業と調理を通じて、みんなで育ててみんなで食べることの喜びを感じる。
【制作】のこぎりや金槌を使った本格的な木工作。実際に見て触って体験したことを描く描画。のり・はさみを使って、紙や空き箱で自分のあそべるものを作る紙工作。
【音楽】合唱。和太鼓など打楽器。ピアノに触れることもできる。
【体育】生のピアノ演奏に合わせて身体を動かすリズムの時間、芝生の園庭で裸足で行う運動、縄跳びや雲底、マット運動、小学校の大きなプールを使った水泳。
【言葉】絵本を通して言葉に出会い、文字に触れます。
【劇】ものがたりの世界を友達と一緒に楽しみ表現します。
【自然】野津公園や近隣の雑木林など自然の中をたくさん歩く。自然を通して五感を働かせて発見する喜びを感じ、生き物との出会い、命の学び、それを友達と共感しあう心地よさを感じる。
【保育時間外の有料教室】なし

園服・体操服のデザインは?

uniform

制服はありません。指定の園バックと園帽で登園します。

体操服はありません。屋外での活動は園指定の帽子を被って行います。

上履き入れ・お弁当袋・お着替え袋・箱に布を貼って専用のお道具箱を作る(箱以外は既製品可)

園の設備について
【開園年月日】昭和44年3月
【園庭】芝生園庭 あり
【耐震工事】済み
【安全管理】鍵付きの門扉。
【設備】冷暖房完備の保育室・ホール・芝生の園庭・砂場・遊具・風緑の丘(800坪の畑・果樹・原っぱ)・雑木林・プール(和光鶴川小学校内)

平成29年度 料金について
【入園料】
年少:150,000円+施設設備資金(初年度分)50,000円
年中・長:130,000+施設設備資金(初年度分)50,000円
【保育料】27,620円/月
【教育充実費】11,500円/月
【学級費】700円/月
【親和会費】500円/月
【バス代】5,000円/月(片道のみは3,000円/月)
【預かり保育】入会金:10,000円(初年度のみ)
月極:17:00まで15,000円/月 18:00まで18,000円/月
日極:17:00まで800円/日 以降+200円/30分(最長18時)
【親和会入会金】2,000円(初年度のみ)
【施設設備資金】30,000円/年(2年目以降)
【制服等】4,000円(初年度のみ)

先輩ママにインタビュー

interview

和光鶴川幼稚園にして良かったこと

・午前中は木工作やリズム、風緑の丘で虫採りや畑作業をクラス毎に行い、午後は自由遊びで子ども達の個性に合わせてのびのび遊ばせてくれること。
・たくさん身体を使ってくたくたになって帰ってくるのでありがたい。
・家で体験させることができないことをたくさん経験させてくれるので、休みの日に親が頑張らなくて良いことがとても助かる。
・保育時間が長いので親も時間的に余裕ができて嬉しい。
・園の駐車場がとても広くて送迎や行事の際に利用できてとても便利だ。
・今年度から、保護者は園のカウンセラーによる個別相談を無料で受けられるようになった。それ以前からも、育児の悩みに先生方が親身に応じてくださり、子どもだけでなく保護者のサポートにも配慮されていて本当に心強いです。
・3年間を通じてクラス替えがないので、進級時の緊張がなくていい。
・若い先生が半数、ベテランの先生が半数とバランスが良く、どの先生も、全児童の状況を把握するよう努めているので、安心して子どもを預けることができる。

親の役員・係について

クラスの懇談会が月に1度行われている。子どもの園での様子を聞くことや親の子育てでの思いや悩みを交流できる。クラスごとに学級役員・広報部・私学部を各1名ずつ選ぶ。保護者の自主的なサークル活動が盛んで親も幼稚園生活を楽しむことが出来る。
行事では、親と教師が一緒に準備し、つくっていくということを大事にしている。
働いている親もできるところで、自分のペースで関わることができる。親と教師が共に子どもの成長を見守るということを大切にしている。

受け入れ状況と入園条件

【在園児数】年少:24人×2クラス/年中:30人×2クラス/年長:31人×2クラス
【教員数】年少:クラス担任1名+補助1名 年中・長:担任1名+4クラスに対して3名の補助が交代で入る。
【途中入園】可
【入園のし易さ】発達調査と親子面談が行われる。
【入園条件】特になし。プレ優先・在園児の弟妹優先
【障がい児の受け入れ】あり(要相談)

卒園後の入学先と在住エリア

【卒園後の入学先】
半数は付属の和光鶴川小学校に入学。
半数はそれぞれ各地域の公立小学校に入学。

【在住エリア】
麻生区、町田市、稲城市、多摩市と在園児の在住エリアが広範囲に及ぶ。

和光鶴川幼稚園 基本情報

【最寄り駅】小田急線「鶴川駅」京王線「若葉台駅」よりバス
【アクセス】「和光学園前」バス停より徒歩6分
【住所】〒195-0051 東京都町田市真光寺1271-1
【電話】042-735-2291
【公式HP】和光鶴川幼稚園HP >>